【メジャーセカンド】162話『トラブルメーカー』ネタバレ・静かな池に落とされた大石

更新日:

メジャーセカンド|ネタバレと感想

 

千葉ショートのポジションを希望した事によって、現在のレギュラーである太鳳とのライバル関係が出来ました。

 

本格的に千葉が練習に参加しますが、その練習態度について部員たちが不満を漏らすようになります。

 

また、ラストで野球部のグラウンドを遠目から眺めていた千代

彼女の恋に、進展の兆しはあったのでしょうか。

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【メジャーセカンド】161話『やなこった』ネタバレ・奪い取るもの

 

 

メジャーセカンド162話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

こちら側の人間

朝練です。

仁科千葉を迎えに来ました。

 

朝6時半に練習開始の予定で、30分前には練習の準備を始めるのが一年生の仕事だ、と言います。

 

仁科お前、いつの間に真面目になったんだ?

 

かつては仁科も朝練を嫌がっていたようなのですが・・・

 

上手くなるための朝練なんだよ!怒られるからやる、やらないってんじゃねえんだ!』

 

ロッカールームでは、千里アニータが着替えの最中でした。

 

千代はどうなったのか、と訊ねるアニータ

 

キノコが入ったから、もういいって言ったよ

 

これに対し、アニータは・・・

 

うちら馬鹿にされとるやんけ!あんな奴と一緒にやりたないわ!

 

ロッカールームの扉が開きます。

 

発奮

練習が始まり、まずランニングやダッシュをこなす部員たちでしたが、

何本か走った後、しばらくして千葉がトボトボ歩いている事を注意する大吾

 

すると、千葉は・・・

 

これじゃシニアとやってる事いっしょじゃねえか。早くボール触らせてくれよ!

 

これに対し太鳳が反論します。

 

いつもこのルーティーンでやってんの。嫌だったら、辞めちゃえば?

 

一触即発の雰囲気を察したのか、大吾はダッシュを切り上げさせ、守備練習に移るように促しはじめました。

 

ショートの位置につく太鳳千葉

意地とプライドがぶつかり合うかのように、お互いに軽快なフィールディングを見せます。

 

これには、他の部員たちも感心するばかりでした。

 

女子トイレで千里アニータは、おしゃべりをしています。

前述の千葉の行動に、アニータの怒りは未だ鎮まりません。

 

トイレを出た2人は、千代が廊下に立っているのを見つけました。

何やら、窓から一点を集中しているようです。

 

千里が話しかけました。

 

ここ一年生の階だけど、こんな所で何してるの?

 

千代はバツが悪そうな顔で、その場を立ち去りました。

 

千代が眺めていた窓からは、男子生徒がバスケットボールで遊んでいたのですが、その中には仁科が加わっていたのです。

 

千代から仁科について訊ねられた事を思い出した千里は、あることを考えつくのですが・・・

 

今回162話はここでお終いです。

 

 

メジャーセカンド162話の感想・考察

変わった仁科

昔はあんなにやんちゃだったかつての仲間が、見ない間に熱血漢に変貌、といった所でしょうか。

ここ数ヶ月で経験し得た事が、中学の軟式野球とはいえ、仁科にとって中身の濃い物だったのは間違いないですね。

 

千葉のこの表情が物語っているようです。

今後、千葉がこれに感化される事はあるのでしょうか。

 

ただ、野球のプレーに関してだけ言えば、千葉も熱心な男のように見えます。

 

競争原理のマネジメント

たとえ不仲であろうが、チームの勝利を目指してお互いにレベルアップするもの、との考えのようですね。

太鳳の心境の変化を察知し、千葉といった劇薬を投与した事で、組織の中の競争心を煽る事はチームづくりの常套手段でもあります。

 

気分屋だった太鳳が本腰を入れる事で、よりセンターラインが強化されれば尚良いのですが。

如何せん部員が少ないので、更なる競争相手の存在が不可欠なのは間違いないです。

 

次回163話以降での千代の動向に注目したい所ですね。

 

千里の意味深なセリフで終わっているだけに、まさかの入部がありそうです。

 

関鳥の扱いに関してだけ言えば、千葉も悪い人間ではないのかもしれませんね。

 

以上です。

読んで戴きましてありがとうございました。

関連記事:【メジャーセカンド】161話『やなこった』ネタバレ・奪い取るもの

関連記事:【メジャーセカンド】163話『積極的・・・』ネタバレ・すれ違いと行き違いと勘違いと

 

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画無料の杜〜全巻検証&最新刊発売日情報あり〜 , 2020 AllRights Reserved.