【高嶺の蘭さん】22話(6月号)ネタバレと感想

更新日:

高嶺の蘭さん_最新話ネタバレ

「別冊フレンド」2019年6号に掲載されている「高嶺の蘭さん」22話のネタバレです。

前回21話は、スキー合宿で、晃を好きだと認めた七美。

蘭に晃に告白することを宣言したのでした。

自信のなさから動き出せない蘭を、友人の智ちゃんが背中を押します。

七美の告白を何とか止めたいと思いつつ、邪魔が入って適わず、落ち込む蘭。

すると、七美が階段の上からとび蹴りをしてくるのでした。

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

 

高嶺の蘭さん(記事一覧ボタン)

\他の話もチェック!/

 

やっぱ絵付きで読みたいあなたへ

U-NEXTには31日間の無料期間があり、即座に600Pもらえます。

このキャンペーンを利用すると漫画雑誌「別冊フレンド」最新号が無料で読めます!

 

\公式で安心して読める/

※無料期間中に解約すると月額料金は一切発生しません

 

関連記事:別冊フレンド最新号が無料で読めるサイトを調査!
関連記事:高嶺の蘭さんが全巻無料で読めるか検証した結果!

本ページの情報は2020年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

【高嶺の蘭さん】22話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

蘭と七美の本音

とび蹴りは失敗に終わり、雪の上に落下した七美は「新喜劇みたい」と爆笑します。

ぽかんとする蘭に、七美は「お邪魔虫は振られちゃいました~!ちゃんちゃん」と言います。

状況が分からない蘭は「えぇ??」と驚きます。

「あはは。何、その安心した顔。もう、分かってたくせに」

 

「だって蘭ちゃん、美人で才女でなんでもできて最強の女の子だもんね。このちび勝ち目ないのにバカだなーって、そう思ってたんでしょ?」

自虐的なことを言う七美に、蘭は首を横に振ります。

 

「思ってないよ!私より七美ちゃんの方が晃くんにお似合いじゃないかって」

「はあ~~~!?なんでそんな自信ないねん!このどアホ!」

蘭の言葉に声を上げる七美。

 

「めちゃくちゃ愛されてるくせに、どの口が言うてんねん!ほんまムカつく!全世界のひがみ女子代表で言う足るわ!むかつくむかつくむかつく・・・」

 

蘭に対する不満をぶつける七美に、蘭は言い返します。

 

「自信なんてあるわけないじゃないですか!」

 

「だって、七美ちゃん、晃くんと中学から仲良くて、楽しそうにおしゃべりするし、カラオケもスキーも一緒に盛り上がって…。七美ちゃんは明るくて元気で優しくて、そんなところが晃くんとお似合いで…」

「羨ましくてずっともやもやしてたの!」

 

抱えていた気持ちを吐き出した蘭の目から、涙が零れます。

そんな自分にまた苛立って、すごく情けない気持ちでいたのです。

 

「ぬるいわ!うちなんて晃と奇跡の連続で運命としか思えなかったし、彼女がいても好きになってくれるんじゃないかって、ちょっと期待してたもん!」

晃に彼女ができても、七美は好きな気持ちを止められなかったのです。

 

「でも、俺は蘭が好きだからごめんって。あんなまっすぐな目で言われちゃったらもう悪あがきできないし…ってなんでうち恋敵にこんな話してんの!?」

確かにその通りで、ライバルの蘭ではなく、友人などに話せばいいのです。

 

ですが、そんな相手は七美にはいなくて、「いるわけないでしょ!?」と怒ります。

 

「だから今だって、一番話したくない欄ちゃんにしか本音を話せないんだよ」 

 

と七美は大粒の涙をこぼします。

そんな七美を蘭は「ハグをすると心が落ち着くというので!」と抱きしめます。

 

「はあ?!うち八つ当あたりしてんだよ!?ほんっと最低なんだから!」

七美の言葉に「えぇ、ほんと!すごくかき乱されました!」と大きくうなずく蘭。

 

「晃くんを取られちゃうんじゃないかと凄く不安で。でも、晃くんを思う気持ちは七美ちゃんよりずっとずっと強いです!」

するとそこに、晃が現れます。

 

「大丈夫?」

「大丈夫じゃない!」と蘭と七美は泣きながら怒ります。

 

「でも何か、言いたいこと言ってすっきりした!お邪魔虫は退散します」

突然そう言うと、七美はすっきりとした笑顔で立ち去ります。

 

 

晃への気持ち

ぽかんとする蘭ですが、晃に聞かれてしまったことを思い出し、動揺します。

「晃くん、いつから見てたんですか!お恥ずかしいところをお見せして、なんと弁解してよいやら…」

「落ち着けって。…蘭はさ、俺が七美に心変わりすると思ってた?」

 

言い返すことができない蘭に、晃はため息をつきます。

「俺の思いってその程度だと思われてたんだー」

 

「違うの!私が仲良い2人を見て焦ってしまったの。楽しそうで、でも私にはうまくできなくて、七美ちゃんにや、やきもちを…」

顔を赤くしながら言う蘭を見て笑う晃。

どうして笑うの、と蘭は怒ります。

 

「蘭もやきもち妬くんだと思って」

晃はどこか嬉しそうです。

 

七美と仲良くして欲しくないが、そんなわがままは言えないし、そんなことを考える自分が凄く嫌な人間に思えてしまうのだ。

「本当に苦しかったのに笑わないで下さい」

そう言って蘭はまた泣いてしまい、晃は謝ります。

 

「初めてだな、蘭が俺に怒ったの」

「ごめんなさい、こんな私嫌だよね」

「ううん、うれしい。だって俺に心開いてくれてるってことでしょ?」

そう言って微笑む晃。

 

「もっと見たい、色んな蘭。わがままも、もっと言ってよ」

「そんなの、嫌になっちゃうよ」

首を横に振る蘭に、くすっと笑う晃。

 

「受け入れ体制万全だって。蘭の気持ちはしっかり受け止めるから」

その代わり、と晃は続けます。

 

「俺がやきもち妬いたり、ださいとこがあっても、蘭も笑って受け入れてくれる?」

 

晃の言葉に、「もちろんです」と答える蘭。

2人は強く抱き合います。

 

「晃くんありがとう」

 

仲直りしたところで、スキーの時に取ってしまった態度を晃は謝ります。

「俺まじ格好悪かったよな」と言うと、蘭が小さく頷いたので、雪球を投げてじゃれ合います。

 

落ち着くと、「私もわがまま言っていいですか?」と蘭。

「晃くんとたくさんおしゃべりしたいです」

「今度カラオケ行きたいです」

「スキーも一緒に滑りたいです」

一つ一つ“わがまま”を伝える蘭に、晃は愛おしそうに頷きます。

 

「好きって言って欲しいです」

最後のわがままに、頬を緩ませる晃。

 

「好きだよ蘭。めちゃくちゃ好き。大好き」

 

ストレートに気持ちを伝える晃に、蘭は腰を抜かします。

 

「まだ言い足りないんだけど?」

蘭は赤面し「もう充分です!」と晃の口を両手で押さえます。

 

すると、晃はその手にキスをして

「大好きだよ蘭」

と言うのでした―――

 

 

【高嶺の蘭さん】22話の感想・考察

 

自分の気持ちに自信がもてなかった蘭ですが、ついに本音を晃に伝えることができましたね。

それだけでも大きな一歩ではないでしょうか。

蘭の小さなわがままを、愛おしそうに頷く晃がとても素敵でしたね。

蘭と七美

ライバルである2人ですが、2人は初めて本音を打ち明けた間柄でもあります。

七美もすっきりしたようですし、ゆっくり前に進めるのではないかと思います。

今後は2人に友情が芽生え、何かあったら相談しあう仲になっていくのでしょうか。

晃との今後

やっと晃に自分の気持ちを伝えることができた蘭。

好きだとも言ってもらえましたし、安心できたのではないでしょうか。

七美と晃のように、一緒にカラオケに行ったりできたらいいですよね。

2人の間にもうわだかまりは生まれないような気もしますが、

まだまだ波乱の種はあるのでしょうか。

次回23話も楽しみですね!

 

関連記事:【高嶺の蘭さん】23話(7月号)ネタバレと感想

高嶺の蘭さん(記事一覧ボタン)

\他の話もチェック!/

 

やっぱ絵付きで読みたいあなたへ

U-NEXTには31日間の無料期間があり、即座に600Pもらえます。

このキャンペーンを利用すると漫画雑誌「別冊フレンド」最新号が無料で読めます!

 

\公式で安心して読める/

※無料期間中に解約すると月額料金は一切発生しません

 

関連記事:別冊フレンド最新号が無料で読めるサイトを調査!
関連記事:高嶺の蘭さんが全巻無料で読めるか検証した結果!

本ページの情報は2020年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-女性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画無料の杜〜全巻検証&最新刊発売日情報あり〜 , 2020 AllRights Reserved.