【アクタージュ act-age】76話(36・37号)ネタバレと感想

更新日:

アクタージュ-act-age|ネタバレと感想

 

週刊少年ジャンプ」2019年36・37号に連載されている「アクタージュ act-age」76話のネタバレです。

 

阿良也、千世子のサイド乙に場面が移ります。

今まで培ってきた力では夜凪に勝てないと自覚する千世子は演出である黒山に助けを求めます。

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【アクタージュ act-age】75話(35号)ネタバレと感想

 

アクタージュ act-age(記事一覧ボタン)

\他の話もチェック!/

 

やっぱ絵付きで読みたいあなたへ

U-NEXTには31日間の無料期間があり、即座に600Pもらえます。

このキャンペーンを利用すると「アクタージュ act-age」が1巻分タダで読めます!

 

\公式で安心して読める/

※無料期間中に解約すると月額料金は一切発生しません

 

関連記事:アクタージュが全巻無料で読めるか検証!

本ページの情報は2019年11月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

アクタージュ act-age76話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

舞台・羅刹女

夫・牛魔王の浮気、息子・紅孩児の悲報に日々怒りを募らせる羅刹女。

そんなある日、孫悟空が現れて彼女の持つ宝具「芭蕉扇」を貸すように言います。

彼女の怒りは孫悟空より、長く不在にしている夫である牛魔王へ募ってゆきます。

羅刹女の根源にある感情は「怒り」でした。

 

サイド乙

千世子が演じる羅刹女は今までの千世子の「天使」の面影はなく、怒りの感情をむき出しにしていて、共演である和歌月を驚かせました。

元々、演出家いらずと言われる千世子は表現力を演劇で通用するレベルまで調整し、感情的な芝居を覚えました。

 

和歌月と千世子

帰路で、形から入って黒山に怒られる和歌月は、千世子へ愚痴を言います。

怒られっぱなしの自分と、なにも言われない千世子。

 

出入り口に溜まっていた出待ちに驚く和歌月に「私の芝居と夜凪の芝居どっちに魅入った?」と残し、車に乗り込みます。

出待ちを無視して謎の言葉を残して去った千代子に動揺を隠せないまま、出待ちにフォローを入れるのでした。

 

「天使を捨てる覚悟はいいな」

黒山は千世子に呼ばれ、向き合いますが「私が今やっていることは背水の陣」「勝っても負けても今の立場を失う事になる」「ここまでやっても勝てる保証はない」と本人も自覚していて、すべてを捨てて戦う覚悟をしていました。

 

10年かけて築いてきたものを、夜凪は半年で追い抜こうとしていて、そして夜凪を成長させたのは自分だと理解していました。

そして夜凪は天才だけれども、自分はただ人より少し器用なだけの普通の女の子であるとも理解していました。

それをわかった上で「負けるのは悔しい」と零し、炎のように自分の内側を燃やす千世子に「俺が倒させてやる」と黒山が告げました。

 

 

アクタージュ act-age76話の感想・考察

作り上げた天使

出待ちにいつもなら手を振って返す千世子が何の対応もせず、颯爽と車に乗り込みました。

「私の芝居と夜凪さんの芝居、どっちに魅入った?」という台詞を残したことで、ネットに上がった夜凪の映像、千世子の芝居のどちらも見ている和歌月を困惑させました。

 

今まで守ってきた「スターズの天使」という偶像と、それを捨てようとしている千世子の現実のギャップに驚かされた気がします。

 

天使を捨てる覚悟

サイド甲のふたり、そしてサイド乙で自分と主役を演じる阿良也を天才とし、自分だけが器用なだけと位置付けて葛藤の末、黒山に勝ちの手を求めました。

そして完全であるために隙を見せなかった千世子がようやく感情的になり、「負けたくない」と感情を見せました。

天使を捨てて心火を燃やし、作り上げた羅刹女はどのようなものになるのでしょうか。

この先が楽しみです。

関連記事:【アクタージュ act-age】75話(35号)ネタバレと感想

関連記事:【アクタージュ act-age】77話(38号)ネタバレと感想

 

アクタージュ act-age(記事一覧ボタン)

\他の話もチェック!/

 

やっぱ絵付きで読みたいあなたへ

U-NEXTには31日間の無料期間があり、即座に600Pもらえます。

このキャンペーンを利用すると「アクタージュ act-age」が1巻分タダで読めます!

 

\公式で安心して読める/

※無料期間中に解約すると月額料金は一切発生しません

 

関連記事:アクタージュが全巻無料で読めるか検証!

本ページの情報は2019年11月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2019 AllRights Reserved.