【MAOマオ】第17話(42号)ネタバレと感想

更新日:

MAOマオ|ネタバレと感想

 

「週刊少年サンデー」2019年42号に掲載されている「MAOマオ」第17話のネタバレです。

 

中学3年生の菜花(なのか)は、むかし事故にあった”シャッター街”へ行ってみると、大正時代に迷い込んでしまいました。

そこで、陰陽師の摩緒(まお)と式神の子・乙弥(おとや)に出会います。

 

摩緒に《妖》だと言われ困惑する菜花は、その謎を解くため摩緒と行動をともにすることに・・・。

 

前回(第16話)では、摩緒を呪う”蠱毒(こどく)”の”猫鬼(びょうき)”の行方を知るノミの妖との戦いに勝ち、《要石》を見つけその下にいる”猫鬼”に向けて剣を振りかざすも、”猫鬼”に届くことはありませんでした。

 

ですが、街へ戻ると透けていた人たちが透けていなく、声を聞こえ街は元の姿に戻っていて安堵したところで前回(41号)は終わりました。

 

”猫鬼”の行方は!?

呪われ続け、満身創痍の摩緒の身体は大丈夫なのか!?

 

2つの世界が交錯する、シリアス怪奇浪漫。

第17話のあらすじをご覧ください!!

 

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【MAOマオ】第16話(41号)ネタバレと感想

 

MAO(記事一覧ボタン)

\他の話もチェック!/

 

やっぱ絵付きで読みたいあなたへ

U-NEXTには31日間の無料期間があり、即座に600Pもらえます。

このキャンペーンを利用すると漫画雑誌「週刊少年サンデー」最新号がタダで読めます!

 

\公式で安心して読める/

※無料期間中に解約すると月額料金は一切発生しません

 

関連記事:週刊少年サンデー最新号が無料で読めるサイトを調査!

本ページの情報は2019年11月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

【MAOマオ】第17話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

元の賑やかな街

”猫鬼”との再会まであと少しだったが、結界を守っていたノミの妖を全滅し、教会が消えたため街が元の姿に戻りました。

”猫鬼”の結界(妖気)に覆われていたため、現実の街は妖気を隔てて向こう側にあったのだろうと摩緒は考えています。

 

満身創痍だった摩緒も疲れてはいるものの、とりあえずは大丈夫な様子です。

 

要石と関東大震災

”猫鬼”はまだ要石の下にいるのか乙弥が疑問を口にすると、ついに菜花の口から《関東大震災》について語られます。

《関東大震災》が起こり、要石がなくなるのを告げる菜花。

 

大きな地震が起こり、その日を境に要石が消えたこと。

この街が被災すること。

燃える街の上空から大きな猫がのぞき込んでいたという証言があること。

 

あぶないからこの街から離れたほうがいいと伝えるために来たのだと、菜花は摩緒に伝えます。

そして、百年後の未来から来たことも伝えました。

 

ですが、摩緒も乙弥も信じてはくれませんでした

信じてくれるように伝える菜花でしたが、その時”猫鬼”の結界が消えたなら”ゲート”から帰れるのではないかと気づきます。

摩緒たちがいる《大正》に来て、菜花は一晩経っていました。

 

摩緒と乙弥にちゃんと逃げるように伝えて、菜花は”ゲート”に向かいました。

 

現代へ

”ゲート”をくぐると、そこは花火があがりお祭りをしています。

現代へ戻ってきましたが、一か月も経っていました。

おじいちゃんを心配し、急いで菜花は自宅へと向かいます。

 

自宅に戻ると、家政婦の魚住さんがいるのですが、家は真っ暗でおじいちゃんは寝ていました。

何かがおかしいと思う菜花でしたが、わからないまま夜が明けます。

 

おじいちゃん

朝、おじいちゃんは「心配していたんだよ」と菜花の部屋へやってきました。

いなかった一か月、学校には入院していると伝え、警察に捜索願も出さずにいたことに菜花は違和感を感じます。

 

菜花の体のためだから飲みなさいと出されるスムージーは、飲むたびに菜花は気分が悪くなっていました。

ダルくてベッドで横になる菜花でしたが、摩緒から『力が出ずに困った時に飲むんだ。』と言われ、もらった”解毒剤”があることを思い出します。

 

思い切って解毒剤を飲んだ菜花でしたが、飲んだ瞬間に過去の記憶がよみがえってきました。

小学生だった菜花は、長いこと入院していたおじいちゃんがもうダメかもしれないということで、お母さんが学校へ迎えにきます。

お父さんとお母さんと三人で、おじいちゃんの入院している病院に向かっている最中に事故に巻き込まれ、お父さんとお母さんは亡くなりました。

 

お父さんとお母さんが亡くなったあとは、おじいちゃんとずっと暮らしていた菜花。

・・・危篤だったおじいちゃん。

この不可解な真実に、菜花はおじいちゃんが《本当のおじいちゃん》か疑問を持ちます

 

次号(第18話)につづきます・・・

 

 

【MAOマオ】第17話の感想・考察

百年後から来た菜花

やはりと言ってもいいほど、信じてはもらえませんでした。

菜花は危険だから逃げてほしくて伝えたのですが実際に《関東大震災》が起きてからではないと、信じてもらえないのかもしれません。

 

ですが、菜花はきちんと『9月1日』と伝えているので逃げてくれることに期待していますが、その前にまた菜花が《大正》に行くことになりそうな気もします。

 

おじいちゃん

一体どこに真実があるのかがわからなくなりました。

菜花が思い出した記憶が本当であるなら、おじいちゃんは一体何者なのか・・・。

 

摩緒が言うには、菜花=『妖』なので、おじいちゃんが『妖』ということも考えられます。

それと”スムージー”も、何らかの意味を持つのではと考えられますし、魚住さんも怪しく感じます。

 

次号(第18話)”物語が大きく動く・・・とありますので、この後の展開を期待しながら待ちたいと思います。

 

関連記事:【MAOマオ】第16話(41号)ネタバレと感想

関連記事:【MAOマオ】第18話(43号)ネタバレと感想

 

MAO(記事一覧ボタン)

\他の話もチェック!/

 

やっぱ絵付きで読みたいあなたへ

U-NEXTには31日間の無料期間があり、即座に600Pもらえます。

このキャンペーンを利用すると漫画雑誌「週刊少年サンデー」最新号がタダで読めます!

 

\公式で安心して読める/

※無料期間中に解約すると月額料金は一切発生しません

 

関連記事:週刊少年サンデー最新号が無料で読めるサイトを調査!

本ページの情報は2019年11月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2019 AllRights Reserved.