【MAOマオ】第22話(47号)ネタバレと感想

更新日:

MAOマオ|ネタバレと感想

 

「週刊少年サンデー」2019年47号に掲載されている「MAOマオ」第22話のネタバレです。

 

待望の単行本2巻が、2019年11月18日頃発売される「MAOマオ」。

 

中学3年生の菜花(なのか)は、むかし事故にあった”シャッター街”へ行ってみると、大正時代に迷い込んでしまいました。

そこで、陰陽師の摩緒(まお)と、式神の子・乙弥(おとや)に出会います。

 

摩緒に《妖》だと言われ困惑する菜花は、その謎を解くため摩緒と行動をともにすることに・・・。

 

前回(21話)は、《関東大震災》が起き、摩緒が七又の尾を持つ、人には見えない姿となり猫鬼と対峙していましたが、8年前の小さな菜花が”ゲート”のそばに現れ、猫鬼に菜花と同じ『新しい器』になれる存在であると気づかれてしまいます。

 

菜花や摩緒は小さい菜花を守ろうとしますが、小さい菜花を追って猫鬼は”ゲート”の中へと消えてしまいました。

 

菜花は摩緒に「猫鬼はお前の世界に逃げ込み、お前を狙っている」と言われ・・・。

 

2つの世界が交錯する、シリアス怪奇浪漫。

第22話のあらすじをご覧ください!!

 

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【MAOマオ】第21話(46号)ネタバレと感想

 

MAO(記事一覧ボタン)

\他の話もチェック!/

 

やっぱ絵付きで読みたいあなたへ

U-NEXTには31日間の無料期間があり、即座に600Pもらえます。

このキャンペーンを利用すると漫画雑誌「週刊少年サンデー」最新号がタダで読めます!

 

\公式で安心して読める/

※無料期間中に解約すると月額料金は一切発生しません

 

関連記事:週刊少年サンデー最新号が無料で読めるサイトを調査!

本ページの情報は2019年11月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

【MAOマオ】第22話(47号)のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

菜花のこれから

結界の門(ゲート)は、街は焼けてしまったのに無傷でした。

現代へ戻れるのか考えながら、菜花は摩緒がいる神社へと戻ります。

 

神社の前には乙弥が待っていました。

これからどうするのか尋ねる乙弥に、菜花は答えが見つかりません。

 

乙弥から摩緒が落ち込んでいると聞いた菜花は、猫鬼を取り逃がしたからだと思いましたが、その他に七又の尾の姿になっていた時の記憶がなく、何をしたのか心配だからと理由を聞きます。

 

神社の中を覗くと、摩緒は式神の形代を見ながら考え込んでいました。

小さい菜花を追って猫鬼がゲートの中へと消えた時、守護の式神を摩緒は飛ばしています。

 

菜花に気づいた摩緒は、菜花にこれからどうするのか尋ねますが、菜花は「こわくて」と答えました。

猫鬼は菜花の世界に逃げ込みましたが、摩緒は”ゲート”を通ることができないので、一人で返すのは摩緒も不安だと言います。

 

菜花は摩緒におじいちゃんのことを話しました。

事故の後、おじいちゃんに育てられたが、事故当時おじいちゃんが危篤状態であったことを・・・。

 

摩緒は死にかけていたおじいちゃんの寿命がつながったことに、猫鬼が関係していると考えます。

なぜなら、猫鬼は《人の寿命を操ることができる》のです。

 

おじいちゃんが猫鬼に取り込まれているのか、見張っているのか、困惑する菜花に摩緒は「今戻ったら猫鬼の器にされてしまうかもしれない」と忠告し、

そして「こわかったらここにいなさい。私と一緒に・・・」と言葉をかけます。

 

言葉の意味が『ともに永遠に』みたいな感じなのかと思った菜花は、頬を赤くしドキドキしてしまいます。

 

しかし、摩緒は自分の下で菜花は十分に働けると言い、下働きをさせようと考えていました

菜花は摩緒にバッグを顔面に投げつけ、拒否します。

その代わりにお守りか武器をくれるよう、摩緒に頼みました。

 

 

菜花、現代へ

菜花はおじいちゃんのことを自分で確かめたいと、現代へ戻ることにします。

 

すると、摩緒が《護り石》を菜花の手首につけてくれました。

近づいてくる邪なものをはじき返してくれ、身を守ってくれる結界のようなものだと言います。

菜花はお礼を言い、”ゲート”へと向かいます。

 

摩緒が現代へと飛ばした守護の式神が、どういう形で菜花に関わっているかはわからないと言いますが、菜花は味方がいるということに心強く思い、”ゲート”の中へと消えていきます。

 

”ゲート”を抜け、”シャッター街”へとたどり着いた菜花の前に、同級生の白羽君がいました。

現代ではすでに二学期が始まっていました。

 

菜花を心配してくれる白羽君が式神では・・・と思ったその時、家政婦の魚住さんが声をかけてきました。

よかった無事お戻りで

摩緒さまと会ってらしたんですね?

 

魚住さんは一体!?

次号(23話)につづきます。

 

 

【MAOマオ】第22話(47号)の感想・考察

《護り石》

きっと菜花を守ってくれる、現代での注目アイテムになりそうです。

仮に、何者かを装って猫鬼が菜花に近づいて来たら、すぐにわかるだろうからひとまず安心できそうです。

 

この《護り石》が力を発揮するとき、物語が動くことになるので、その瞬間を楽しみに待ちたいと思います。

 

魚住さん

家政婦である魚住さんの「無事お戻りに」と、「摩緒さまと会ってらしたんですね」は、今回(22話)の重要なセリフと言えます。

 

前後の会話を考えると「無事お戻りに」は、大正時代から戻ってきたことをわかっていると考えられます。

「摩緒さま」と摩緒のことを呼んでいるので、式神では!?と思いました。

 

ですが、単純に式神だと考えていいのかは疑問です。

以前、菜花が飲むと体調が悪くなっていたスムージーを出していたのは、魚住さんです。

それを考えると、まだ式神だとは言えないので、次号(23話)を待ちたいと思います。

 

関連記事:【MAOマオ】第21話(46号)ネタバレと感想

関連記事:【MAOマオ】第23話(48号)ネタバレと感想

 

MAO(記事一覧ボタン)

\他の話もチェック!/

 

やっぱ絵付きで読みたいあなたへ

U-NEXTには31日間の無料期間があり、即座に600Pもらえます。

このキャンペーンを利用すると漫画雑誌「週刊少年サンデー」最新号がタダで読めます!

 

\公式で安心して読める/

※無料期間中に解約すると月額料金は一切発生しません

 

関連記事:週刊少年サンデー最新号が無料で読めるサイトを調査!

本ページの情報は2019年11月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2019 AllRights Reserved.