【ゆこさえ戦えば】第27話(49号)ネタバレと感想

更新日:

ゆこさえ戦えば|ネタバレと感想

 

「ゆこさえ戦えば」2019年49号に掲載されている「ゆこさえ戦えば」第27話のネタバレです。

 

《悪魔凱戦》で、悪魔と人間がタッグを組み、その威信と願いを懸けて戦う物語。ーーーーーではなく。

 

日々の暮らしに一生懸命な女子高生・新王寺ゆこ(しんおうじゆこ)と、ゆこに戦ってほしい相棒の悪魔・ギギラ・キングレイ(通称:ギーちゃん)の、凸凹ギャップコメディーです。

 

前回(26話)では、ゆこがユーチューバーのミウにはまるのですが、そのユーチューバーはなんと宿主で、悪魔を使ってイリュージョンを行う動画を配信していました。

 

日曜日にストリートイリュージョンを行うと告知したので、ゆことギーちゃんは告知のあった公園に行きます。

隙をみて攻撃しようとするギーちゃんでしたが、周りを見ると同じ考えの宿主たちが3組もいました。

 

イリュージョンが終わり、周りが一斉に攻撃しようとしたとき、雷によって逆に攻撃されてしまいます。

ミウは、動画配信することで宿主を集め、まとめて仕留めていたのです。

 

ゆこはそんなことは知らずミウに近づきますが、ミウもギーちゃんもすっかり臨戦態勢。

久々に戦う雰囲気になってきたゆこ&ギーちゃんですが・・・。

 

敵も悪魔もみんな、ゆこのペースになってしまう「ゆこさえ戦えば」。

第27話のあらすじをご覧ください!!

 

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【ゆこさえ戦えば】第26話(48号)ネタバレと感想

 

ゆこさえ戦えば(記事一覧ボタン)

 

【ゆこさえ戦えば】第27話(49号)のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

勝敗の行方

ストリートイリュージョンのあと、ミウによる雷の攻撃を受け久々に戦う雰囲気でしたが、なぜかゆことぎーちゃんはミウの部屋でミウミウチャンネルの生配信を見学していました。

 

公園で戦闘開始となり、”雷電(ヴォルト)”の能力でミウが先制攻撃をしかけますが、ゆこはちょっと痺れる程度でした。

さらに威力をあげ、ミウが攻撃を仕掛けてきた時、ゆこがやっと雷はミウが出しているものだと気づきます。

 

手を前に出すようにゆこにギーちゃんが指示すると、ゆこは「あ、ミウちゃん《でぃあぶろいる》やりたいのか」と気づき、手を前に出そうとしますが、力の差に驚愕したミウは「ちょっと待って!!一旦休戦や!!」と言い、攻撃をやめます。

 

戦いたいけど、このあと生配信があるからと言いだすミウに、ギーちゃんは「逃がすかよ!!貴様はここで確実に倒す!!」とやる気満々です。

 

ミウは何か手を考えようとしたとき、ゆこが「いつも動画見てます」と言ってきたのを思い出しました。

今休戦してくれたら生配信見学させてやってもええで!!」と提案し、ギーちゃんはフザケるなと怒りますが、ゆこは目を輝かせて喰いついてしまいます。

 

生配信

ミウ自身、変な提案をしたと思っていましたが、ホントについていったゆこは生配信の様子を楽しく見学していました。

いつものようにイリュージョンを披露していたミウでしたが、心の中ではゆこの圧倒的な力に驚いています。

 

悪魔が見えるのに、なぜミウのイリュージョンのファンなのかはミウにもわかりませんが、生配信を見学させたことによって助かったので、いつもより放送時間が短いけどゆこに帰ってもらうために配信を終了しようとします。

 

ですが、ゆこが落ち込みカンペで「いつもより5分短くない?」とミウに訴え、最後にもう一つイリュージョンをするのですが、ゆこにとってはトリックが丸見えなことにミウは恥ずかしくなってしまいました。

 

無事に生配信が終了し、しばらく休戦という約束を交わすミウとゆこ。

公園にもしばらく来ないようにミウはゆこに伝えますが、ゆこは理由がわからず尋ねます。

 

ミウは敵の宿主をおびき寄せる策略だから、休戦中のゆこがきてもしょうがないと言い、ゆこはやっと策略だったことに気づき、ギーちゃんは「今更気づいたのか!!」と驚きました。

 

利害の一致

もともとミウは配信をして、みんなに人気者扱いしてもらえるのが好きだったけれど、一人の力では視聴者数が伸びずにいた時に出会ったのが悪魔のポンちゃんでした。

 

そこで、ポンちゃんに手伝ってもらってイリュージョンで視聴者を増やし、代わりにつられた敵をミウがやっつけるという利害の一致だとミウは言います。

 

悪魔と宿主はみんな利害の一致で繋がっているというミウの言葉に、ゆこは「利害・・・確かにそうだね・・・私もギーちゃんも・・・一緒にいると楽しいもんね!」と笑顔でギーちゃんに言いますが、もちろんギーちゃんは「そんな利害あるかァ!!」と怒りました。

 

ゆことギーちゃんのやり取りを見て、ミウは不思議に思い楽しい以外にも他に何かあるはずだとゆこに質問攻めしますが、ゆこは笑顔で「本当に・・・楽しいだけだよ!だからいつも一緒にいるの!」と答えます。

 

ミウからの提案

ゆこのまさかの答えに驚愕するミウでしたが、稀に見る天然モノだということを確信します。

ミウは自分のような養殖のキャラづけと違い、ゆこが素のままでぶっ飛んでいることに「長年求めていたチャンスだ」と思いました。

 

ゆこが帰ろうとした時、ミウは「今から一緒に生配信してみん・・・?」と提案しました。

 

もちろんギーちゃんは猛反対です。

生配信をする意味とは、ゆこの存在が世界中の宿主にバレてしまい、一方的に狙われてしまうのです。

 

ですが、ゆこは「チーム名『ゆこミウ』とかどう?」とやる気満々

危険が伴う自覚はもちろんありませんでした。

 

次号(28話)、ゆこが全世界にお披露目です!!

 

 

【ゆこさえ戦えば】第27話(49号)の感想・考察

ゆこの強さ

いつものゆこを見ていると忘れてしまうのですが、たまにゆこが力を発揮したり、力を出そうとしたときに改めてゆこって強いんだなぁと思いだします。

 

戦いたくないゆこですが、相手が戦いたいと思っているのがわかると合わせてあげるのか、今回もミウが戦いたいと思っているのを感じてギーちゃんの指示通りにしようとしました。

・・・結果、力を発揮することはありませんでしたが、ゆこが力を発揮することなくゆこの力が相手にわかるので、なんだかここでも平和的に解決できます。

 

今後もゆこのことですから、自ら戦うことはないかと思いますが、今はまだ無意識の力しか使っていないので全力の力を見てみたいとも思ってしまいます。

 

生配信

ミウが思っている通り(ギーちゃんも思っていましたが・・・)、ゆこには悪魔が見えるのでイリュージョンはトリックまる見えなのに、なぜゆこがミウのファンなのかが今回もわかりませんでした。

ひょっとしたら、ミウと悪魔のポンちゃんが仲良く見えて好きなのかな・・・と、推察しますが本当の理由が描かれることがあるのか期待して待ちたいと思います。

 

次号(28話)はゆこの生配信。

ゆこを案じてギーちゃんは反対でしたが、ゆこには全然届いていなかったです。

どんな生配信になるのか、楽しみに待ちたいと思います。

 

関連記事:【ゆこさえ戦えば】第26話(48号)ネタバレと感想

関連記事:【ゆこさえ戦えば】第28話(50号)ネタバレと感想

ゆこさえ戦えば(記事一覧ボタン)

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2019 AllRights Reserved.