【アルキメデスの大戦】196話(2020年1号)ネタバレと感想

更新日:

アルキメデスの大戦|ネタバレと感想

「週刊ヤングマガジン」2020年1号に掲載されている「アルキメデスの大戦」196話のネタバレです。

 

195話では、日米和平協議で櫂は戦艦大和売却案に対してマッカーサーが大統領の決断に委ねようとしますが、ルーズベルト大統領の側近であるガードナーと意見が対立します。

 

日本の言い分にのるべきではないというガードナーの意見にマッカーサーが戦争を知らない者が語るなと一喝し、マッカーサーの言葉を聞いてついに大統領が話し合いの場に登場するのでした。

 

196話ではその後の話から始まります。

 

関連記事:【アルキメデスの大戦】195話(2019年52号)ネタバレと感想

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

アルキメデスの大戦(記事一覧ボタン)

\他の話もチェック!/

 

やっぱ絵付きで読みたいあなたへ

U-NEXTには31日間の無料期間があり、即座に600Pもらえます。

このキャンペーンを利用すると漫画雑誌「週刊ヤングマガジン」最新号がタダで読めます!

 

\公式で安心して読める/

※無料期間中に解約すると月額料金は一切発生しません

 

関連記事:週刊ヤングマガジン最新号が無料で読めるサイトを調査!

本ページの情報は2019年11月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

アルキメデスの大戦 196話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

ルーズベルト大統領

櫂の姿を見てルーズベルト大統領は学生のような若造一人を抑え込めずにいることに対して苛立ちを隠せませんでした。

 

櫂はルーズベルト大統領に対して名家出身でありエリートとしての品を感じつつも気性の激しさを見破ります。

 

また、表情が険しくなっていることから自分に対して不快感を抱いていることも察知し、櫂は大統領の機嫌を考慮しながら神経質で難しい対話になることを予想します。

 

大統領出席のもと始まる日米交渉

大統領が出席して日米和平協議が再開されました。

 

 

大統領は翌日には予定が入っているために今夜中しか出席できない旨をアメリカ側が伝えると日本側も了承します。

 

早速大統領に意見を求められますが、ルーズベルト大統領の顔が一気に変わり、戦艦は買わないと発言します。

 

大統領は他国に武器を売ることはあっても買うことはなく、30億ドルもの値段で売りつけること自体言語道断であると言います。

 

そして、日本は常にアメリカの要求に従うのみであると言い、1.日本軍の中国からの完全撤退、2.満州国の即時解体、3.中国における治外法権の放棄、4.我が国との和平に反する第三国との軍事同盟を締結しない、の4条件を全て日本が承諾すること以外に選択肢がなく、一つでも拒否すれば交渉を行わない、あとは戦争をするのみと強硬な態度に出ます。

 

戦争に突き進む日本?

マッカーサーは他国に弱みを見せない姿であることを再認識する一方、戦争という言葉を聞いて牟田口少将は受けて立つと叫ぶと大統領もいつでもかかってこいと言い放ちます。

 

マッカーサーは議事録から戦争の言葉を削除するように指示し、いつも以上に興奮して感情的になっていることに驚きます。

 

すると櫂は自分の提案を受け入れれば戦争が回避できるので考え直してもらうようにお願いするも、ルーズベルト大統領はすでに自分の答えは伝えたので全てを拒否すると言います。

 

満州国鉄道株の買収の件を櫂が尋ねると、買収済みとなっている状況に大統領は憤慨し、日本の提案を何もかも拒否し、4条件を飲むか戦争をするかどちらか選べと言います。

 

そして櫂はついに「戦争をしましょう」と言うのでした。

 

 

アルキメデスの大戦196話の感想・考察

ルーズベルト大統領とは

実際の日米交渉の際にはハル国務長官がハルノートを日本に突き付けて、その結果戦争への道が決まる流れなのですが、ハル国務長官はすでにルーズベルト大統領の気持ちを汲んだ状況を作り出していました。

 

ルーズベルト大統領はなんとか戦争に持ち込もうとしていたようですね。

 

イギリスのチャーチル首相もアメリカ参戦に力を入れてヨーロッパ戦線の打開を図っていましたし、ルーズベルト大統領もアメリカ国民の世論を何とかして参戦にしようと働きかけていました。

 

マンガでのマッカーサーは冷静にルーズベルト大統領が感情的になっていると言っていましたが、これもルーズベルト大統領の演技であり作戦であったと思われます。

 

日本に戦争させようと必死な様子が出ているところが史実とも変わらない状況が読んでいてとても面白いところではないかと思います。

 

今後の展開予想

櫂が戦争をしましょうと言いましたがこれは完全にブラフであると思います。

 

おそらく戦艦大和を使用した戦争のシミュレーションを櫂が話すことによってアメリカの損害がどれだけになるか、また戦艦を買収することによってアメリカの今後の有利な未来予想図を語りそうな感じがします。

 

次回197話の櫂の戦争回避に結び付ける言動に注目です!

 

関連記事:【アルキメデスの大戦】195話(2019年52号)ネタバレと感想

関連記事:【アルキメデスの大戦】197話(2020年2・3号)ネタバレと感想

 

アルキメデスの大戦(記事一覧ボタン)

\他の話もチェック!/

 

やっぱ絵付きで読みたいあなたへ

U-NEXTには31日間の無料期間があり、即座に600Pもらえます。

このキャンペーンを利用すると漫画雑誌「週刊ヤングマガジン」最新号がタダで読めます!

 

\公式で安心して読める/

※無料期間中に解約すると月額料金は一切発生しません

 

関連記事:週刊ヤングマガジン最新号が無料で読めるサイトを調査!

本ページの情報は2019年11月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2019 AllRights Reserved.