【青の祓魔師】116話後編(2020年1月号)ネタバレと感想

更新日:

青の祓魔師

 

「月刊ジャンプSQ.」2020年1月号に掲載されている「青の祓魔師」116話後編のネタバレです。

 

116話前編では、燐が青い夜の真実を見ていきます。

生まれて、叫びながら走り回り暴走する燐。

そんな中、燐に続き生まれた雪男は産声を上げません。

 

そして、騎士が雪男を取り上げ、サタンの仔の片鱗がないかと乱暴に確認します。

騎士たちは瞳の色を確認していくが右目は普通。

ここでユリが「やめて お願い」と叫ぶと、この声に燐が反応します。

雪男をつかんでいた騎士が火に包まれ、この時雪男の左目に炎が

 

そして雪男は息を吹き返し泣き出しました。

ユリは、我が手に雪男を抱き、「ありがとう・・・!」と涙を流します。

 

ユリの様子を見ていた獅郎ですが、燐の方に目をやると丁度騎士が燐にとどめを刺そうとしているところでした。

燐に剣を突き立てようとした瞬間!

 

爆発が起き、あたりが閃光に包まれます。

 

周りに広がる爆風、により近くにいた騎士たちは倒れ、無事な者も苦しそうな声をあげます。

 

ここで、ユリを庇っていた獅郎が前を見ると、メフィストが。

大きいキャンディを盾にして、分娩台を守っていたのです。

 

「聖騎士團は壊滅し、青い稲妻作戦は失敗です」 

そう言うメフィストはここからは自分が引き受ける、としてしたたかな表情を見せます。

 

メフィストに秘策があるのか――――、というところで終わりました。

 

116話では、ユリの元にサタンが登場・・・!

 

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

 

関連記事:【青の祓魔師】116話(2019年12月号)ネタバレと感想

 

青の祓魔師(記事一覧ボタン)

\他の話もチェック!/

 

やっぱ絵付きで読みたいあなたへ

U-NEXTには31日間の無料期間があり、即座に600Pもらえます。

このキャンペーンを利用すると漫画雑誌「ジャンプスクエア」最新号がタダで読めます!

 

\公式で安心して読める/

※無料期間中に解約すると月額料金は一切発生しません

 

関連記事:ジャンプスクエア最新号が無料で読めるサイトを調査!
関連記事:青の祓魔師が全巻無料で読めるか検証!

本ページの情報は2019年11月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

青の祓魔師116話後編のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

獅郎vsサタンの仔

作戦は失敗。

サタンの仔の心臓は聖騎士の炎剣でも破壊できませんでした。

メフィストは、自分がアレと直接対決すると大災厄になってしまうと言いますが、降魔剣ならば・・・と別の対処法を提示。

 

持ち主がこの剣は空っぽ“だと言ってたのを獅郎は聞いていましたが、メフィストは”だから“よいと言います。

実はこの剣はメフィストが150年ほど前に作ったものだと説明してきましたが、獅郎はどーせサタンの仔の祓し方なんか誰もわからないと最上級防御装を張り、とにかくやってみようとします。

 

「戦わないで」 

そう獅郎に訴えるユリ。

あの子は私達と自分を守ってるだけだからみんな逃げて、とお願いするが獅郎は否定。

 

そして、こちらに敵意を向けているサタンの仔に向かい獅郎は銃で攻撃。

逃げながらも繰り出してくるサタンの仔の攻撃を受けつつ、チャンスを狙っていた獅郎が合図し払魔師たちが“大水精の水牢“を唱え動きを止めました。

水に包まれ苦しむサタンの仔に向かって、獅郎が降魔剣を刺す――――――

 

心臓の封印

水牢がはじけ飛び、そのまま獅郎はサタンの仔の心臓に剣を突き立てます。

力を込めていくと、切っ先から心臓が剣に吸い込まれていきます。

 

すると、持っていた剣が突然手元から消えてしまいました。

メフィストの手にある鞘の元に行ったこの剣は、一種の“異次元“ドア

柄は虚無界に通じ鞘は扉と成ると言い、二つ揃うと魔を虚無界に封じることが出来るとメフィストが説明します。

 

ここで赤子らしく泣き出すサタンの仔。

心臓が封じられ悪魔の本性と切り離されたことで、先ほどまでの凶暴な姿がなくなりました。

でも、この赤子が人間でもあり悪魔でもあるのは事実。

 

大人しいうちに殺しても、心臓が破壊できない限りは蘇ってしまいます

“封印“は永遠ではないので、現状では半永久的に肉体を破壊し続けるしかないと聖騎士は言います。

しかし、メフィストは人間でもあるこの仔が肉体を破壊し続けられれば人格がおかしくなり、第二のサタンやルシフェルを生み出すと警告。

そうならない為にと母親の腕の中へと戻してやります。

 

感謝するユリのそばで、突如青い炎に包まれる者たちが。

赤子の仕業ではないというメフィストの言葉で「まさか」と思う獅郎。

 

ここで急に聖騎士が苦しみだします。

「父さん・・・」 

そう言い残しメフィストの方を見ると、ガクンと意識を失い、サタンに乗っ取られてしまいました。

 

 

サタンと獅郎

サタンはユリと獅郎の名を呼ぶと、ユリに近づいていきます。

「やっぱり そういうことか。あばずれのウラギリモノめ」 

ユリは、そんなサタンに向かってお父さんになったんだよと生まれた双子を見せます。

でも、サタンが欲しいのはユリなので赤子を肉のかたまりと呼び興味がありません。

 

すると、今度は獅郎に向かって「カラダをよこせ」と迫っていきますがスンナリとはいかないサタン。

額と額がぶつかると、獅郎はサタンの過去と意識が流れ込んできます。

「おれはずっと人間になりたかったんだ」 

 

サタンが隣火だった時、オクちゃんこと奥村に強制憑依しようとしましたが、奥村は自分で首をカッ切り阻止され失敗。

ジジィとババァに邪魔されてうまくいかなかったと言うサタンの言葉を聞き、ユリはニコちゃんやオババ、オクちゃんを殺したのはサタンだったと理解します。

 

サタンの全ては、本物の器である獅郎に辿り着くための行動だったのです。

「オレはお前になりたい、ユリが愛したお前に」 

 

獅郎が羨ましく、悔しいサタンは「ユリを取りやがって」と嫉妬。

でも獅郎は「それはお前だろ」と言い返すも「オレとお前は同じだ」と囁きます。

 

サタンの憑依した聖騎士は倒れ、今度は獅郎の頭に青い炎

しかし、乗っ取られた獅郎は自我を保ち、オクちゃんと同じように首をかき切ったのでした ――――――。

 

 

青の祓魔師116話後編の感想・考察

獅郎の覚悟

サタンに乗っ取られた獅郎でしたが、さすがでした。

まず自我を保っていられたのもすごいですが、その覚悟。

自分の首を切るって恐ろしすぎます。

それがオクちゃんという人と同じ行動というところも・・・。

 

サタンの思い出した“遠いムカシ”の中で出てきたオクちゃんによって、燐と雪男の姓である奥村の元なんだということもわかりました。

今回オクちゃんと同じく首を切った獅郎ですが、その後燐と雪男を育てています。

どうやって生き残ったのかが次回描かれそうですね。

 

サタンの思い

サタンはユリが欲しい。

でもユリは獅郎を愛している。

これがわかっていたサタンは獅郎になりたかったわけです。

 

精神的にユリを取られたサタンと、肉体的にユリを取られた獅郎

お互いがお互いを羨ましく悔しいと思っていたから、「オレたちは同じ」とサタンが言ったのですね。

同じなら死んだ方がマシだと獅郎は首を切りましたが、獅郎は認めたくなかったでしょう。

 

サタンは人間になりたかった

全てはユリと一緒にいたいから。

気持ちとしては純粋なんですけどね、種族を超えた愛は難しい。

それにしてもユリはモテモテですね。。。

 

 

メフィストの作ったとされる降魔剣燐の悪魔の心臓が封印されて収まったとは。

燐の誕生に加え、サタンがひと暴れまでしていたとは驚きです。

おそらく次回117話では、獅郎がサタンを退けどう助かったのか、そしてユリのその後、あとは生まれた2人への名付けとかが描かれるのではないでしょうか?

 

117話も核心に迫る内容となりそうです!

関連記事:【青の祓魔師】116話(2019年12月号)ネタバレと感想

 

青の祓魔師(記事一覧ボタン)

\他の話もチェック!/

 

やっぱ絵付きで読みたいあなたへ

U-NEXTには31日間の無料期間があり、即座に600Pもらえます。

このキャンペーンを利用すると漫画雑誌「ジャンプスクエア」最新号がタダで読めます!

 

\公式で安心して読める/

※無料期間中に解約すると月額料金は一切発生しません

 

関連記事:ジャンプスクエア最新号が無料で読めるサイトを調査!
関連記事:青の祓魔師が全巻無料で読めるか検証!

本ページの情報は2019年11月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2019 AllRights Reserved.