【テリトリーMの住人】37話(2020年2月号)ネタバレと感想

投稿日:

テリトリーMの住人|ネタバレと感想

 

別冊マーガレット」2020年2月号に掲載されている「テリトリーMの住人」37話のネタバレです。

 

36は、後輩の坂巻さんが怜久だけでなく、瑛茉たちとも仲良くなり、郁磨のおばあちゃんの所へも一緒に行っていました。

瑛茉は、宏紀のバスケの合宿に差し入れに行ったり、二人でお祭りに行ったりする中で、宏紀のかっこよさや優しさをもっと知り、好きの気持ちが増えていきます。

花火大会の日は花火の音を遠くに聞きながら、二人は世界一幸せだと、感じていました。

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【テリトリーMの住人】36話(2020年1月号)ネタバレと感想

 

 

テリトリーMの住人37話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

花火の思い出

こまちゃんとお祭りの話をそれぞれしている中、瑛茉は宏紀とのことを思い出してドキドキしてしまいます。

こまちゃんがマメゾンのところで、怜久と坂巻さんがお店から出てくるのを見かけたと話します。こまちゃんは、二人は言い合いしてても仲良さげだったから、そのうちつきあったりするのかなぁ、と言いました。

 

瑛茉も、田舎に行ってる時の二人には優しい空気感じたと思い出しています。

 

怜久と瑛茉

そんな事を考えながら歩いていると、偶然怜久に会いました。

考えている時に怜久に会ったから、瑛茉はつい笑ってしまい、二人は和やかな雰囲気で話し始めました

 

坂巻さんが川で魚を捕まえた話を、瑛茉は楽しそうに話しています。

坂巻さんからマメゾンのおすすめを聞かれて、和風おろしハンバーグって答えちゃったけど、お店のイチオシはデミだったね、と話す瑛茉を見ながら、怜久は瑛茉への思いはまだ消えていない顔をしていました。

 

帰り道、瑛茉はやっぱり誰かにあとをつけられているような気配を感じて、不安になります。

 

 

マメゾンで坂巻さんと

マメゾンで怜久のお父さんと坂巻さんが二人でごはんを食べていて、怜久は驚きます。

怜久は坂巻さんが何か考えてると思い、どんだけ嗅ぎ回っているんだと怒りますが、坂巻さんはマメゾンが気に入って来ていたら、怜久くんの話が聞こえてきて、声をかけただけだという事でした。

 

怜久も座ってごはんを食べることにしました。坂巻さんが和風おろしハンバーグを食べているのを見て、怜久はさっきの瑛茉との会話を思い出します。

瑛茉は自分のブームがおろしだから、おろしって言っちゃったけど、おすすめはデミだから、後で坂巻さんにメッセしておかないと、と言っていたのに、間に合わなかったのを見てちょっと笑ってしまい、瑛茉を思い、自分も和風おろしハンバーグを食べることにしました

 

帰り道、お父さんは坂巻さんとの会話で、友達といるときの怜久の話が聞けて嬉しかったと話しています。

 

瑛茉の不安

瑛茉と宏紀はスーパーで夕食の買い出しをしています。

 

帰り道、瑛茉は後ろを歩いている人の気配が気になってしまいます。つけられていた訳ではなかったけど、瑛茉の態度に宏紀が気付きました。

瑛茉は旅行から帰ったころから、あとをつけられてる気がすると宏紀に教えます。

瑛茉は気のせいかもしれないと思いますが、宏紀は心配になり、一人で出かけるときは俺を呼んで、と真剣に言ってくれました。

 

二人でシーフードチャーハンを作って食べ、課題を進めます。こまちゃんから、宏紀は夏休み終盤まで課題やらないって聞いていた瑛茉は、課題を結構進めていた宏紀に感心しました。

 

たまたま近所の人が来て、ピンポンとおしたチャイムに瑛茉が反応してしまい、宏紀は瑛茉の不安を感じとり、怖くなくなるまでずっとついているから、と落ち着くまで抱きしめてくれました

 

つけていた人

宏紀が夕食の買い物に出かけた時、公園に瑛茉が一人でいるのを見かけました。

一人で外に出ないように言ったのに、一人でいるから宏紀は心配で声をかけようと近づきます。

すると帽子をかぶった人が瑛茉に近づき、抱きつきました

宏紀は慌ててその男性と突き飛ばします。

瑛茉はその人を見て、「パパ」とつぶやきました。

つけていた人は瑛茉のお父さんでした。

 

 

テリトリーMの住人37話の感想・考察

36話では、瑛茉と宏紀の絆がまた深まった所で終わり、37話でも、こまちゃんと会話しながらも宏紀の事を思い出している瑛茉は幸せそうで、あたたかい気持ちになります。

旅行のことを思い出していた所に、怜久に会った瑛茉は、思わず無邪気な笑顔をしていて、その笑顔を見る怜久の姿は、切ない気持ちになりました。

 

瑛茉と会った後の怜久は、マメゾンでごはんを食べる時も瑛茉の笑顔や言葉を思い出し、瑛茉のブームという和風おろしハンバーグを注文するのですが、その時の幸せそうな顔はまだ恋をしている顔でした。

 

宏紀は、料理の練習をしていてシーフードチャーハンまで作れるようになっていました。瑛茉と付き合うようになり、しっかり頼もしくなってきた宏紀を見て、瑛茉もつけられている不安を宏紀に話したように思えます。

玄関のチャイムの後、瑛茉の不安を暖かく包み込んで抱きしめる宏紀は、瑛茉のことを本当に大好きなんだな、と見ていて思いました。

 

そして、瑛茉のあとをつけていた不審者が、お父さんだったことに驚きました。

不審者じゃなくて、よかったけど、瑛茉と宏紀の前に現れたお父さん。

 

何かあるのか、また次回38話が気になります。

関連記事:【テリトリーMの住人】36話(2020年1月号)ネタバレと感想

 

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-女性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2020 AllRights Reserved.