【JJM女子柔道部物語】68話(2020年3号)ネタバレと感想

投稿日:

JJM女子柔道部物語|ネタバレと感想

 

「イブニング」2020年3号に掲載されている「JJM女子柔道部物語」68話のネタバレです。

 

67話では、女子高生としての生活をする中、体育の時間では陸上部よりも速く走り、卓球部よりも上手にプレイするえもはどんどん覚醒していたのでした。

 

柔道部ではいよいよ新人戦が始まるとのことで気持ちが舞い上がっていたのでした。

 

68話ではその後の話から始まります。

関連記事:【JJM女子柔道部物語】67話(2020年2号)ネタバレと感想

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

 

JJM女子柔道部物語 68話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

さいき食堂の2階で気合を入れる才木

才木は自宅の2階にある自分の部屋で柔道着を着ながら柔軟体操を行っていました。

 

気合の入る才木は柔軟体操も激しくなって、1階の両親がいる部屋にもドスドスと音が聞こえていました。

 

父親はビールを入れながら騒音に対していらだつも、母親は一生懸命やっているんだからいいでしょと反抗します。

 

父親は2階に上がってうるさいと怒鳴るも才木は耳を傾けずにいまいたが、何度も怒鳴る父親に才木は涙を流しながら初めて目標が出来たから邪魔しないでと言います。

 

旭川支部柔道新人戦

翌日となり、カムイ南高校体育館では柔道新人戦に向けて畳が敷き詰められていました。

 

 

神楽えも被害者の会の紙をもった男女の生徒と先生が歩く中、カムイ南高校柔道場の柔道控室ではそれぞれ柔軟体操が行われていました。

 

男子が見に来るとのことでブスにはなれないとの会話がある中、えもは今日だけはブスになれないよと言います。

 

いよいよ新人戦開始

1回戦が始まり、才木と相手は石狩商業の秋山美知子が対戦します。

 

開始直後に才木は背負い投げを決めて一本が決まります。

 

それを見ていたツルが中学の時に一度才木と試合をしていたことを思い出し、負けたことも思い出します。

 

そして米倉も強引な抑え込みで一本勝ちし、カムイ南の順調な滑り出しでスタートしました。

 

 

JJM女子柔道部物語 68話の感想・考察

えも被害者の会

新人戦がいよいよ始まりましたが、途中で神楽えも被害者の会が歩いていましたが、あれはどのようになっていくのかが気になりました。

 

試合中に何かアクシデントを起こそうとしているのか心配ですね。

 

今後の展開予想

新人戦は期待の才木と米倉が順調なスタートをきってくれました。

 

えもは2回勝つだけで優勝ですがそう簡単にいくでしょうか。

 

次回69話での神楽えもに注目です!

関連記事:【JJM女子柔道部物語】67話(2020年2号)ネタバレと感想

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2020 AllRights Reserved.