【七つの大罪】338話(7号)ネタバレと感想

投稿日:

七つの大罪|ネタバレと感想

 

「週刊少年マガジン」2020年7号に掲載されている「七つの大罪」338話のネタバレです。

338話のラストでは、アーサーの腕がキャスに喰われてしまう展開になります。

次回(339話)では、混沌は暴走したのか目的は何なのか明らかになる展開に期待したいと思います。

 

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【七つの大罪】337話(6号)ネタバレと感想

 

 

七つの大罪338話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

ホークママの存在

マーリンに対して、騙していたのかと詰め寄るメリオダスでした。

混沌とは本当に存在するのか、確認するメリオダスに対して、混沌は存在すると湖の声は答えます。

 

混沌とは既に出会っている、その背に乗っていると聞かされます。

メリオダスは、混沌の存在がホークママだと気づきました。

 

混沌の正体

次の瞬間にホークママの身体は縮んでいきます。

キングが調べると、何層にもこびりついた苔の抜け殻になっていました。

マーリンは、混沌はアーサーの中に宿ったと言います。

 

アーサーの願い

メリオダスは、アーサーを元に戻せと言い出します。

しかし、アーサーと混沌は共生しているので切り離せないと言われました。

アーサーは人々を守れる人間になりたいと、夢を語りだします。

 

アーサーは不可能を可能にする王となり、素晴らしい世界を作ると言い出します。

混沌の力を使いアーサーは、世界を作り変えだします。

 

キャッスの登場

ホークママの抱えていた樽から、猫の様なキャッスが現れます。

キャッスは、アーサーが覚醒した事を喜んでいました。

湖の声の主は、マーリンに警告を鳴らします。

 

キャッスの目的

キャッスをアーサーに近づけてはいけないと、マーリンが言います。

アーサーに飛びつこうとするキャッスは、口を大きく開きアーサーに襲い掛かります。

メリオダスが気づき、咄嗟にアーサーに飛びつきます。

 

アーサーの右腕がキャッス食べられていました。

キャッスを確実に倒してくれと、湖の声の主は言います。

キャッスはアーサーの腕を食べて、みるみる恐ろしい姿に変貌していくところで、話は終わりました。

 

 

七つの大罪338話の感想・考察

アーサーの望み

アーサーは混沌の力を手に入れて、少し舞い上がっているかもしれません。

理想を語るのは、素晴らしいのですが慢心してないか気になります。

若くて天真爛漫な所を注意して、望みをかなえて欲しいと思います。

 

キャッスとは

キャッスは一体何者なのか気になります。

今までホークママに隠れて、混沌を狙っていたとなると恐ろしい存在です。

アーサーに近づき、アーサーを狙っていたとなると目的は何なのか気になります。

 

混沌とは

混沌とは、一体どのようなものなのか気になります。

何故アーサーに付与されたのか、混沌の本当の力とはどんなものなのでしょうか。

アーサーは、混沌の力を使いこなせるのか気になります。

次回(339話)では、キャッスの正体は何なのか明らかになる展開に期待したいです。

関連記事:【七つの大罪】337話(6号)ネタバレと感想

 

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2020 AllRights Reserved.