【洗脳執事】第7話(11号) ネタバレと感想

更新日:

洗脳執事|ネタバレと感想

 

「週刊少年サンデー」2020年11号に掲載されている「洗脳執事」第7話のネタバレです。

 

一年間のイギリス留学を終えて帰郷した、高藤(たかとう)家長女・高藤苺(たかとういちご)17歳

周りからは令嬢なのに気さくでいい子と評判です。

 

一年ぶりの自宅では、家族の様子が以前と違い苺は驚きます。

全て、執事を名乗る九鬼清十郎(くきせいじゅうろう)による洗脳でした。

全員が執事の顔色をうかがっていますが、それでも絶対の信頼を得ています。

 

前回(6話)、苺と九鬼、そして苺の幼馴染の秀くんとテーマパークに遊びに行きました。

九鬼と秀くんが話しをしている姿を見て苺がついてきたので、九鬼は怒ります。

 

ですが、九鬼が苺に何かしないよう、テーマパークを楽しむことなく秀くんは九鬼を警戒します。

そんな秀くんの様子を九鬼はわかっていて、何故そんなに苺を気にするのか尋ねました。

 

中等部のころ、髪の毛を指摘された秀くんは黒く染め、そんな姿を見た苺は自分も金髪に染めたのです。

秀くんは嬉しさとともに、今までの苺の頑張りを台無しにしたという後悔のような気持ちもありました。

 

ありのまま話したらいいと言う九鬼に言われた通り、秀くんは正直な思いを苺に話し、お互いのわだかまりみたいなものが無くなりました。

 

御令嬢の全力抵抗悲喜劇!!

第7話です。

 

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【洗脳執事】第6話(10号) ネタバレと感想

 

 

【洗脳執事】第7話(11号)のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

九鬼の休日

朝から苺の叔父・高藤東仁(たかとうとうじ)26歳は落ち込んでいます。

原因は九鬼が休みをとっているからでした。

 

九鬼の休日に喜ぶ苺ですが、叔父は九鬼からの「おはよう」がないと、一日が始まらないと泣き崩れます

 

叔父のそばには九鬼のペットであるベニコンゴウインコのベニさんがいました。

ずっと気になっていた苺は、ベニさんを撫でようとすると、ベニさんは「なに見てんのさ、脳内ストロベリー娘。」と喋ります。

驚く苺はベニさんに名前を聞くと、「人に聞く時は自分からでしょ!」と話しが通じ、どことなく九鬼っぽいベニさんです。

 

BBQ

苺の父・高藤東吾(たかとうとうご)45歳が叔父の落胆ぶりに驚き、声をかけます。

拗ねている叔父を父は気遣いますが、叔父の機嫌はなおりません。

 

苺は一人、九鬼のいない平和を感じていました。

 

拗ねた叔父を元気にしようと、父は夕食は叔父の好きなBBQにしようと準備をします。

使用人にまかせず、父が機材などの準備を率先してやります。

苺もBBQを喜び、ベニさんも「楽しそうだなぁ!」と喋ります。

 

苺がベニさんに何を食べたいか尋ねると、ベニさんは「鶏肉」と答えました。

絶対食べさせないと言うと、「さびしい」「高藤苺」「変なカミドメ」と喋るベニさんを「はい。はい。」と苺は流します。

 

 

団らん

肉を焼く苺を使用人は気遣いますが、苺は楽しそうに続けます。

幼馴染の秀くんや弟の凛悟、妹のゆずもやってきて談笑し、BBQはにぎやかです。

苺は久しぶりの団らんに浸っていました。

 

楽しそうですね。

いきなりあらわれた九鬼に驚き、食材をひっくり返して転倒しそうになりますが、「チッ」と言いながら九鬼は食材を全てバットにキャッチし、苺も支えます。

 

苺のアホっぽい声が聞こえたからやってきたと言う九鬼は、自分も交代しますと言います。

ですが、苺の父も使用人たちも九鬼に気を遣い止めます

 

九鬼を見つけた叔父は駆け寄り、九鬼に「おはよう」と言ってくれるよう頼み、叔父の一日が夕方にやっと始まりました

 

友鳥(ベストフレンドバード)

BBQのそばでベニさんが「僕も。食べたい。」と喋っています。

九鬼はベニさんはお喋りが大好きで、ずっと一緒にいたらスポンジのように言葉を吸収していったといいます。

ベニさんは心の内を話せる、九鬼にとって“友鳥(ベストフレンドバード)”なのです。

 

みんなのBBQをしている姿を見て「楽しそうですね・・・」と言う九鬼は、皆自分を慕ってはくれるがプライベートは誘ってくれないと笑いながら話します。

 

苺はみんな洗脳されているから気を遣っているからだと思いますが、九鬼がベニさんのことを『心の内を話せる』存在と言ったことが気になりました。

ベニさんが「さびしい」「楽しそうだなー」と喋っていたことが引っかかります。

 

私の専属執事

九鬼がみんなを見つめる顔が寂しそうだと感じる苺。

すると苺は九鬼に専属執事なのだから私に肉を焼くよう命じます

そして先に九鬼が食べ、いい感じのものを自分にくれるようにと言いました。

 

九鬼は苺のことを傲慢だと言い、休日でも働かせることに文句を言いながら支度に向かいます。

九鬼の鋭い目の迫力に苺は「すんません」と謝りました。

 

肉を焼く九鬼は嬉しそうです。

そして、ベニさんも「楽しい!」と喋りました。

 

次号(8話)につづきます・・・。

 

 

【洗脳執事】第7話(11号)の感想・考察

苺の叔父・高藤東仁(たかとうとうじ)

一番九鬼に洗脳されているように思えます。

九鬼からの「おはよう」がなければ一日が始まらないなんて、恋愛感情にも思えますがなんにしても重度です。

 

どうか普通の大人になってほしいと思いました。

 

苺の気遣い

苺が九鬼に気を遣うのには少し驚きました。

変に計算してではなく、ただ純粋に“いい子”なんだと思います。

 

今回(7話)、九鬼の内側を少し見たことによって、苺と九鬼の関係が変わるのかに注目したいと思います。

 

九鬼の内側

ベニさんを通じて九鬼の内側が見れたように思えます。

ベニさんの言葉は九鬼の言葉であると考えると、なぜか少し胸が痛くなりました。

 

九鬼のことですから、苺の気遣いに気が付いていると思います。

次回(8話)、九鬼に変化があるのか注目です!!

 

関連記事:【洗脳執事】第6話(10号) ネタバレと感想

関連記事:【洗脳執事】第8話(12号) ネタバレと感想

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2020 AllRights Reserved.