【捨てられた皇妃】88話ネタバレと感想

更新日:

捨てられた皇妃|ネタバレと感想

 

「ピッコマ」に掲載されている「捨てられた皇妃」88話のネタバレです。

 

87話ではカルセインに想いを寄せる令嬢が登場しました。プリンシア王女は別れ際、そのことをカルセインに直球で伝えました。カルセインの隣にはそのとき、彼の片想いの相手であるアリスティアがいたのです。

 

88話は少し時間が過ぎてプリンシアたちと別れるところから始まります。

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【捨てられた皇妃】87話ネタバレと感想

 

 

捨てられた皇妃88話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

カルセインの想い

キリナ・セ・フィル嬢に想われていることを告げられたカルセインは「僕は剣のような人が好きです」と返します。その脳裏にはアリスティアの笑顔がありました。あの頃からずっと、カルセインの想いは変わっていないのです。

 

兄のカイシアンも肝心のアリスティアも、カルセインの言葉にこめられた意味に気がつきません。ひとり、プリンシア王女だけが彼の視線の先に、アリスティアがいることに気がついたのでした。

 

皇太子の疲れを癒すのは

また別の日、アリスティアは皇太子ルブリスに呼ばれて執務室へ向かいました。扉を開けて迎え入れてくれたルブリスの付き人ハレンもゲッソリした顔をしています。

 

ハレンは皇太子妃候補が毎日やってくるので仕事も進まないとこぼします。皇太子妃候補は5人もいて、そのうちの3人はとても積極的だというのはアリスティアの耳にも入っていました。それに驚いたことに、陛下は政務のほとんどをルブリスに回していたのです。

 

ルブリスはアリスティアを呼んだ理由を「君が淹れるお茶を飲みたいのだ」と説明しました。アリスティアは一瞬、驚いた顔をしましたが、すぐに頷きました。

 

お茶の話題は建国記念祭の宴会の衣装合わせでしたが、ルブリスは疲れからか寝入ってしまいます。アリスティアはそのままルブリスを寝かせ、新しくお茶を淹れなおしました。そして、ルブリスが次に目覚めたとき、そこには美しいアリスティアの姿があったのでした。

 

アレンディスの不穏な動き

一方、アレンディスは帝都のどこかにある貴族派の隠れ家にやってきていました。アレンディスは彼らの中枢にもぐりこめるほど信用されていたのです。

 

アレンディスは貴族派の信頼を得るために、皇帝派の重要な文書を複製して彼らに流していました。

 

貴族派たちはアリスティアが邪魔になっていました。それは彼女が皇后に一番近いからだけでなく、かんざし作りなどで帝国派の財政を潤したからなのでした。

 

アレンディスは、権力というものは潤沢な資金によって裏打ちされていると知っていました。アリスティアは皇帝派の中で完全に埋もれていた家を集め、貴族派が無視できないほど大きな存在に育てていたのです。

 

アレンディスは心の中で君はもう、僕の助けなんか必要としていないんだねと独白します。そして「君がそうなら、僕も」だとひとり歩き出すのでした。

 

 

捨てられた皇妃88話の感想・考察

ルブリスとの距離

時間が巻き戻る前、ルブリスとアリスティアの関係は最悪でした。父も我が子も失い、自身も処刑されたアリスティアにとってルブリスは恐怖そのものです。しかし、その関係はだんだん形を変えているようです。

 

運命を変えようと動いたアリスティアに感化され、先にルブリスがアリスティアへのわだかまりを解きました。アリスティアも、79話以降ルブリスへの気持ちを和らげています。ただ、ルブリスには神が決めた運命の相手、美優がいるのです。彼女が来ないことには、アリスティアも自分の心を決められないでしょう。

 

アレンディスの想い

アレンディスがとうとう不穏な方向に動き出してしまいました。彼の家は帝国序列2位のベリータ公爵家です。父親のベリータ公爵の動きが以前から少しおかしかったのですが、どうやら皇帝派から貴族派へ本格的に転向しようとしているようです。アレンディスの真意はどうなのでしょうか?

 

71話ではアリスティアを諦めないルブリスに激怒していたアレンディスです。もしや皇帝派にいたのではアリスティアを手に入れられそうにないと思っているのかもしれません。しかし、アリスティアは皇帝派であり、帝国をひっくり返すならば彼女の父モニーク公爵率いる第二騎士団との争いは避けられないでしょう。続きが気になります。

関連記事:【捨てられた皇妃】87話ネタバレと感想

関連記事:【捨てられた皇妃】89話ネタバレと感想

 

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-女性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2020 AllRights Reserved.