【約束のネバーランド】172話(2020年17号)ネタバレと感想

更新日:

約束のネバーランド

「週刊少年ジャンプ」2020年17号に掲載されている「約束のネバーランド」172話のネタバレです。

 

171話では、ピーター・ラ―トリーは、まだ何か手があるはずだと考えながら必死に逃げます。

そんな時ピーター・ラ―トリーに王都から連絡が。

 

―――――王都では、ソンジュとムジカの刑の執行が始まろうとしていましたが、民衆がなにやら騒ぎ出し始めました。

なんと、現れたのはあの狩庭の死神、レウウィス大公! 

王族である自分の留守に、五摂家の家来衆ごときが随分偉くなったものだとひと睨み。

 

そして、ソンジュに「久しぶりだねぇ」と声をかけると、いきなり爪で切り裂き血をグラスに入れて飲んで見せました。

悲鳴を上げる観衆に「恐れることはない」と言い、邪血は病毒でなく我が姉レグラヴァリマの出任せだと説明。

邪血は一口飲めば人間を食わずとも退化を免れる奇跡の血。

だが700年前にこの血を病毒と偽り、邪血に国賊の汚名を着せ虐殺。

 

全ては己らが欲と支配のために、農園による民への支配に”邪血”が不都合だから

この二人は賊どころか民を救わんとした英雄だと説明。

「大公レウウィスがここに命ずる 処刑は中止だ!」 

国賊の現政権幹部を捕らえよと命じられ、沸く観衆。

 

この事実を知ったピーター・ラ―トリーは落胆。

”敗北した!” 

呆然と敗けを確信し、頭を抱えてうずくまるといつの間にか銃をむけるエマの姿が。

焦るピーター・ラ―トリーだが、”いや まだだ”と考えました。

 

食用児は約束を結んだが、履行は保留。

約束を結んだのは63194の”エマ”だと聞いていたがその番号が首元についている人間が目の前に。

 

ピーター・ラ―トリーは負けを認めつつも、”エマ”さえ殺せば約束はご破算になると思いつきます。

自分の未来もないが食用児の未来もブチ壊してやると、謀略を企んでいたのでした――――――、というところで終わりました。

 

今回は、エマの思いが語られます・・・!

 

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

 

関連記事:【約束のネバーランド】171

 

約束のネバーランド(記事一覧ボタン)

\他の話もチェック!/

 

やっぱ絵付きで読みたいあなたへ

U-NEXTには31日間の無料期間があり、即座に600Pもらえます。

このキャンペーンを利用すると「約束のネバーランド」が1巻分タダで読めます!

 

\公式で安心して読める/

※無料期間中に解約すると月額料金は一切発生しません

 

関連記事:約束のネバーランドが全巻無料で読めるか検証!

本ページの情報は2019年11月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

約束のネバーランド172話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

許せない思い

”約束”を結んだのはエマで、まだ履行前。

ピーター・ラ―トリーは目の前に銃を持って現れたエマを見て、こいつさえ殺せば、と袖口に潜ませたナイフをスタンバイ。

エマの背後にはノーマンとレイも居て、銃口を向けています。

”僕は負けた”と未来がなく終わりだとわかっているので、変革と華々しい未来が待っているエマ達を地獄へと道連れにしようというのです。

 

”パパと一緒に死のう、食用児たち” 

じりじりと近づいてくるエマ達に、「悪かった、撃たないでくれ」と懇願するピーター・ラ―トリー。

あと一歩でエマを捕まえ、ナイフで―――― ・・・

 

―――と、いうところで銃を降ろしたエマ。

「殺すつもりはない。私たちはあなたと話をしに来たの」 

 

予想外の言葉にピーター・ラ―トリーは驚きます。

エマは不可侵不干渉で、私達はラ―トリー家に報復も攻撃もしないから食用児の自由を認めてほしいと言いました。

食用児全員人間の世界へ行くので、もう邪魔をしないで放っておいてほしいという訴え。

 

ピーター・ラ―トリーは自分を生かすなんて甘い考えで、こいつはバカだと思いました。

 

自由になりたい

「許せない!」 

エマは複雑な思いを抱えていました。

ユウゴとルーカスに会いたい、メアリーやノーマンたちにしたこと、あの猟場を作らせたこと、農園・この世界のシステムを作ったこと、全部許すことなどできないのです。

 

でも”殺して解決”で終わらせたくないと思うエマ。

憎んだり恨んだり恐れたりというのはもうイヤで、笑っていたいし自由になりたい。

運命や境遇だけじゃなく憎しみや恐怖からも、もう何からも囚われたくないのです。

 

許せないけど、許さないと本当に自由にはなれない。

この考えに最初は反対していたジリアン含め、外の子供たちも最終的には納得。

話しが通じる相手じゃないとしても、話し合うことを放棄したくないというエマの思いにみんなが賛同し、悔いを残さないようとことんやろうと決めたのでした。

 

GF農園に乗り込んだ目的は、あくまで勝利と対話

なので警備や鬼達を殺さず眠らせただけで対処してきたのです。

 

 

対話

ピーター・ラ―トリーに向かって話をするエマ。

鬼たちも生きるために食べているだけ、ママたちも生きるために子供たちを差し出すしかなかっただけ。

初代ユリウス・ラ―トリーもあれ以上戦争で死ぬ人を見たくなかっただけだし、私達も他の命を殺して生きていて、ママたちやユリウスの恐怖や苦しみも他人事ではなく、それを”弱さ”と責めることなどできないと言います。

 

エマは、”友達になれたかな”と考えてみたと真剣な顔。

もし鬼が人間を食べる生き物じゃなかったら、もしあなたがGFに生まれていたら友達になれたのか・・・。

エマは自分がラ―トリー家に生まれたら、食用児に何かできたのか。

立場が違うから争って憎み合ってをしているけど、それぞれの立場を差し引いて考えたら本当は皆憎み合わなくてもいいんじゃないか。

 

ピーター・ラ―トリーも自分の正義で二世界を守ってきたはず。

自分は食用児だからあなたが私達にしたことは「絶対許せない」と言うエマ。

でも、ラ―トリー家が食用児を犠牲にしたから守られた人がいる1000年があり、”世界を守る””兄よりも世界”とピーター・ラ―トリーにしかわからない苦しみもあったはず。

生まれた時から運命を背負わされ囚われているのは、鬼も人も調停者も食用児もみんな同じだから、自由になろうと訴えます。

 

世界は変わる、もう変えられると言い銃を捨てたエマ。

ピーター・ラ―トリーに向かって手を差し伸べます。

「変わろう、1000年の苦しみを終わらせて、一緒に生きよう」 

 

解り合えると信じ、必死にピーター・ラ―トリーと対話するエマなのであった―――――。

 

 

約束のネバーランド172話の感想・考察

ピーター・ラ―トリーの反応は?

負けてなお、最後の悪あがきで逃げ出し反撃の一手を考えていたピーター・ラ―トリー。

結局完全な負けを悟り、挙句にエマを殺して”約束”を不履行にさせ地獄へ道連れにするという考えを抱いていました。

ナイフを仕込んでいるなんて用意周到な男です。

一緒に死のうと考えている時の顔、最高に狂気を感じさせる不気味さ

 

しかし、これだけの事をしたこの男を、エマ達は許すと言いました。

ピーター・ラ―トリー自身この言葉は信じがたかったと思いますが、エマは超真剣。

このエマの思いはこの狂気の男に届くのか・・・?

 

エマの考え

”立場を差し引いて考えたら、本当は皆憎み合わなくてもいいんじゃないか” 

これは、分かっていても納得しかねるものですよね。

相手も相手の事情があると理解していても、それを受け入れられるかは別。

 

これを読んでる人でも、思い当たることありませんか?

「こうしたい」と思っても許してくれない人がいて、でも自分がいざその立場になったらやっぱり許せないとか。

 

今回の内容、かなり深いです。

エマの考えを世界が賛同してくれて、許せなくても相手の立場を考えたら受け入れざるを得ないっていう世界が実現したら、私達の世界でも戦争は起きないですもんね・・・。

人類の歴史を語る上で避けて通れない戦争というものが、せめて約束のネバーランド内でいち早く実現して無くなってもらいたいものです。

 

 

始まりの地、GF農園での最終局面!

食用児というシステムが無くなる一歩手前まで来ました!!

はたしてエマの意見をピーター・ラ―トリーはすんなり受け入れるのか??

 

次回173話も注目の展開になるはず!

楽しみに待ちましょう!

 

関連記事:【約束のネバーランド】171

 

 

約束のネバーランド(記事一覧ボタン)

\他の話もチェック!/

 

やっぱ絵付きで読みたいあなたへ

U-NEXTには31日間の無料期間があり、即座に600Pもらえます。

このキャンペーンを利用すると「約束のネバーランド」が1巻分タダで読めます!

 

\公式で安心して読める/

※無料期間中に解約すると月額料金は一切発生しません

 

関連記事:約束のネバーランドが全巻無料で読めるか検証!

本ページの情報は2019年11月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2020 AllRights Reserved.