【嘘月-ウソツキ-】第15話(17号) ネタバレと感想

投稿日:

嘘月-ウソツキ-|ネタバレと感想

 

「週刊少年サンデー」2020年17号に掲載されている「嘘月-ウソツキ-」第15話のネタバレです。

 

待望の単行本第1巻が、大好評発売中の「嘘月-ウソツキ-」。

 

吸血鬼と人間の混血「ダンピール」である主人公・月城蒼(つきしろそう)。

 

吸血鬼の能力“誘惑(テンプテーション)”は、裸眼の右目で相手を見ることで自分に惚れさせることができる能力。

蒼の父はこの能力で蒼の母を支配しましたが、ある時効力が切れ、母は死を選びました。

 

そんな経験をしていることから、蒼は絶対にこの力だけは使わないと決めていたのですが・・・。

 

前回(14話)、柏木千鶴でいっぱいになってしまうのは、それ以外何もないからかもしれないと思った蒼は、恋愛は一度置き、自分のことを始めるのが良いと宮村に絵を教えてもらうことにします。

 

昼休み、柏木千鶴にはしーちゃんと一緒にお昼ご飯を食べるよう提案し、蒼は宮村と約束した部室へと向かいます。

宮村から「朔でいーよ」と言われ、初めての名前呼びに蒼は少し照れます。

 

朔からクォーターのためいじめられていた過去を聞き、蒼は『何で自分ばかりこんな目に』と思っていたことを恥ずかしく思います。

朔と友達になれて良かったと思った蒼は、気合いを入れて絵を教えてもらおうと、まずは水を汲みに行こうとしますが、朔はもう水を汲んでいて振り返った蒼とぶつかり、二人は全身びしょ濡れになってしまいました。

 

びしょ濡れになった朔の胸が膨らんでいて、下着が透けていることに蒼は驚きます。

蒼が「宮村って・・・女子・・・なのか・・・?」と尋ねると、「は?そーだけど?」と答える宮村。

友達になれて良かったと思っていた蒼でしたが・・・。

 

愚直なまでのダーク・ラブストーリー。

第15話です。

 

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【嘘月-ウソツキ-】第14話(16号) ネタバレと感想

 

 

【嘘月-ウソツキ-】第15話(17号)のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

聞いてないぞ!!

朔が女なことに蒼は驚きます。

聞いてないぞ!!」と蒼は朔に言いますが、男とも言っていないと答える朔。

いつも制服は来ておらずジャージなのは、堅苦しいのが苦手だと言います。

 

女だと不都合なのかと朔は蒼に尋ね、蒼は「イイエ。アリマセン。」と答えました。

 

問題ない。

蒼は朔が男でも女でも関係ないと、自分に言い聞かせます。

昼休みが終わり教室に戻ると、柏木千鶴と一緒に同じクラスの山田さんがいました。

 

一人でご飯を食べていた柏木千鶴に、山田さんが声をかけたと言います。

なぜしーちゃんと一緒に食べなかったのか蒼が聞くと、付き合っている事を内緒にしているので二人で食べれないと柏木千鶴は答えました。

 

考えが及ばなかったことを蒼は謝ります。

ですが、柏木千鶴は笑顔で蒼が新しい事を頑張ろうとしているから、自分も頑張ると言いました。

 

「宮村さんはどうだった?」と柏木千鶴は蒼に尋ねます。

柏木千鶴は宮村が『女』であることを、もちろんわかっていました

 

 

幽霊部員

朔は朔。』深く考えるのはやめようと思う蒼。

部活をがんばっていると、しーちゃんにすごく上手くなったねと褒められ蒼は喜びます。

あたしのお陰だと言う朔と、楽しそうに話す蒼に声をかけることができない柏木千鶴でした。

 

すると、しーちゃんは雨夜美桜が部活に来なくなったことを話し出します。

幽霊部員は珍しくないと言いますが、蒼はきっともうここには来ないだろうと思っていました。

 

雨夜美桜は、自分に失望したと蒼は思っています。

ですが、それでよく、自分は人間として生きていくので、吸血鬼とは関わらないと考えていました。

 

毎日楽しい

朔に昼休み習い続けて二週間。

やっぱり朔はそのまま朔だと蒼は感じていました。

 

女だからといって、必ず恋愛になるわけじゃないと自分を落ち着かせる蒼。

「ありがとな」と、蒼は朔にお礼を言います。

朔のお陰で毎日が楽しいと笑顔で話す蒼に、朔は照れながら「・・・なんだそりゃ」と答えました。

 

そのころ柏木千鶴は教室でクラスメイトとお昼を食べていました。

蒼が同じ学年の女の子に絵を教えてもらっていると、柏木千鶴はクラスメイトに教えます。

 

蒼の彼女だと勘違いしたクラスメイトに柏木千鶴は『彼女ではない』と否定しますが、どっちかは好きだと盛り上がるクラスメイト。

蒼のことを応援するよう柏木千鶴は言われます。

一瞬言葉に詰まりますが、柏木千鶴は「応援しなきゃ・・・」と笑顔で答えました。

 

人間として生きたい。

昼休みも終わりそうなので、部活もあるからそのままにして教室に戻ろうとしていた蒼と朔。

朔に声を出さないようジェスチャーしながら、蒼の背後に近づく人物がいました。

 

えいっ

背後から現れたのは雨夜美桜で、蒼の眼鏡を外します

逃げられない運命なんだから」と、雨夜美桜は笑います。

 

裸眼で朔と目が合ってしまった蒼

このまま人間として生きたいだけなのにーーー。

 

次号(16話)につづきます・・・。

 

 

【嘘月-ウソツキ-】第15話(17号)の感想・考察

雨夜美桜、登場

お久しぶりの登場でした。

蒼が新しくやりたいことを見つけがんばっていたのに、こんな形で現れるのは切なくなりました。

 

朔は朔だと、男女気にすることなく関係を深めていたのに、こんな形で台無しになってしまうのはかわいそうです。

ただ、現時点で“誘惑(テンプテーション)”が朔に効いたのかはわかりません。

しーちゃんのように自我を保つ可能性もあるし、朔が吸血鬼の可能性もあります。

 

次号(16話)、朔が“誘惑(テンプテーション)”にかかってしまったのか、注目です!!

 

柏木千鶴

しーちゃんのことが大好きな柏木千鶴ですが、蒼がそばにいるのは当たり前で、自分のことを一番に思ってくれているはずと思っているのでしょうか?

そんな感じに見えてしまった今回(15話)。

 

言葉だけで見ると“悪女”にも感じてしまいます。

ですが、一番の仲の良い友達が離れていってしまうのは、悲しく切ないのもわかります。

 

次号(16話)、朔のことが心配ですが、柏木千鶴の言動にも注目です!!

 

関連記事:【嘘月-ウソツキ-】第14話(16号) ネタバレと感想

 

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2020 AllRights Reserved.