【洗脳執事】第17話:最終回(21号) ネタバレと感想

更新日:

洗脳執事|ネタバレと感想

 

「週刊少年サンデー」2020年21号に掲載されている「洗脳執事」第17話:最終回のネタバレです。

 

一年間のイギリス留学を終えて帰郷した、高藤(たかとう)家長女・高藤苺(たかとういちご)17歳

周りからは令嬢なのに気さくでいい子と評判です。

 

一年ぶりの自宅では、家族の様子が以前と違い苺は驚きます。

全て、執事を名乗る九鬼清十郎(くきせいじゅうろう)による洗脳でした。

全員が執事の顔色をうかがっていますが、それでも絶対の信頼を得ています。

 

前回(16話)、荷物をまとめ自宅へ戻る九鬼を、自分にだけ挨拶がなかったため苺は追いかけます。

「ありがとう」を伝えたかったのです。

 

自分のことを追い出したい存在で疎ましい毎日だったのではないかと尋ねる九鬼に、苺は高藤家長女でそこらへんの人とは器が違うと答え、九鬼のことを“ちょっと変な・・・普通の人”だと言いました。

 

九鬼は人込みに消えていきましたが、戻って来て自身の思いを苺に伝えます。

『私の友人』と呼んでいいかと尋ねる九鬼に、苺は手を差しのべ二人は握手を交わします。

 

「またな」と笑顔で去っていった九鬼。

それから苺は九鬼に会うことはなく、4年の月日が流れます―――。

 

いよいよ、最終回です!!

 

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【洗脳執事】第16話(20号) ネタバレと感想

 

 

【洗脳執事】第17話:最終回(21号)のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

4年後

九鬼が去って4年後の高藤家。

執事やメイドに迎えられ、苺の生活は順風満帆に戻っていました。

 

高藤家から九鬼が去ってから、苺は九鬼に連絡をとっていません。

苺の周りには優しい家族と、仲の良い友人。

 

大いに満足する生活でしたが、苺は時々風が冷たく感じ、世界が静かに感じていました

 

九鬼の実家へ

苺は一人で九鬼の実家を訪れます。

電話をしてから来た方が良かったかと考えていると、九鬼の実家に一台の車が現れます。

 

後部座席から忙しそうに電話をしながらおりてきたのは九鬼でした。

苺と一度目が合うも、九鬼はそのまま仕事をしますが、見事な二度見でスマホを落とします。

 

自宅にあがった苺は、なぜ忙しい時に来るのかと九鬼に言われてしまいます。

その言葉とは裏腹に、九鬼はルンルンで苺の好きなキャラクター、早川さんが公式で好きだと言ったカップケーキを作ってくれます。

 

ケーキを作りながらの九鬼と話す苺。

九鬼は家を継いでいました。

執事になった少しばかりの罪滅ぼしだと九鬼は言います。

 

宮前さんは手術が成功し元気になって、嫌味を言い合う毎日だと教えてくれた九鬼は、高藤家の様子を苺に確認します。

元気だという答えに、九鬼は嬉しそうに笑っていました

 

 

苺の用件

苺は一枚の写真を九鬼に見せます。

それは九鬼が17歳のバースデーパーティーの写真でした。

 

11年前に会っていたことを苺は伝えます。

鮮明に覚えていないという苺に、九鬼は自分も朧げな記憶だと答えました。

 

写真が来た用件だったのだと九鬼は思いますが、違うと苺は答えます。

そして大学を卒業後、高藤家を継ぐと決めた苺は、九鬼に執事兼秘書として仕事を支えてほしいと言いました。

 

「一人で平気」

たくさん考えて決めたと言う苺。

九鬼は突然のスカウトに驚きます。

 

九鬼は現在重要なポジションにいるのです。

それもわかっていて苺はスカウトに来ました。

 

厚かましく、父親にも迷惑がかかると言われましたが、苺は九鬼に側にいて欲しく、順風満帆は退屈すぎて飽きたと言います。

その代わりとして、「一人で平気」なんて悲しい事を二度と言わせないと言いながら、苺は九鬼の作ってくれたカップケーキを食べます。

 

「一人で平気」は11年前に九鬼が言った言葉でした。

苺が覚えていることに驚き、何とも言えない表情をする九鬼は、引き出しから一通の封書を手にし苺に渡します。

 

九鬼の答え

封書は宮前さんに一筆書いてもらった《推薦状》でした。

時をみて高藤家にもらってもらおうと思っていたと言います。

 

推薦状の内容は『九鬼をまた高藤家で雇ってください』というものでした。

内容を確認して苺は喜びます。

 

友人とは側にいたいと笑う九鬼に、苺は「同感」と答えます。

 

こうして苺の人生は、また大きく変わります。

友人の執事によって―――。

 

《完》

 

 

【洗脳執事】第17話:最終回(21号)の感想・考察

心温まる最終回

4年連絡もとらず、それでもどこか寂しさを感じていた苺の出した答えが素敵でした。

九鬼も時が来たら高藤家で雇ってもらおうと考えていたので、二人の思いが重なった瞬間は感動しました。

 

以前と違って『友人』となった二人が進む道は、言い合いをしながらも楽しい日々だと思います。

そんな日々を見てみたいと素直に思いました。

続編があったら嬉しいです。

浅山先生の次回作にも期待したいと思います。

 

関連記事:【洗脳執事】第16話(20号) ネタバレと感想

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画無料の杜〜全巻検証&最新刊発売日情報あり〜 , 2020 AllRights Reserved.